循環器疾患

循環器疾患

狭心症

心筋梗塞狭心症は、心臓の血管が動脈硬化から狭くなる、又は一時的な痙攣で、血液の流れが悪くなり胸が痛くなる病気です。
診断は胸が痛む時の心電図で判断しますが、その時の心電図を取ることはなかなか困難です。
典型的な症状のある方は問診で予測できることもあります。
頻繁に胸痛がある方は24時間心臓の状態を検察するホルター型心電計で分かる場合もあります。
携帯型心電図を貸出し、胸痛時に30秒の心電図を記録して分かる場合もあります。
疑いが強いときは、循環器科の専門医のいる病院に紹介して、負荷心電図(運動の前後で取る心電図)、心臓のCT検査、心臓シンチ検査、さらに心臓カテーテル検査を行います。
当院では主に八王子医療センター、東海大八王子病院、みなみ野ハートクリニック、南多摩病院をご紹介いたします。
希望される患者さんには、他地域の高度な治療を行なう専門病院(例えば榊原記念病院など)をご紹介致します。

心筋梗塞

心筋梗塞は心臓の血管の壁にコレステロールの塊りのプラークが出来て、それが破裂することで周りに血小板が集まり、血管が詰まってしまう病気です。
狭心症より強く長く胸の痛みが持続します。典型的な心電図の波形、迅速血液検査で診断します。
心筋梗塞の可能性が高い場合は、すぐに救急車を呼ぶことをお勧めします。

不整脈

正常の脈は規則的に打ちますが、「とぶ」「速くなる」「遅くなる」「不規則になる」ことを不整脈といいます。
不整脈の多くは害のない物ですが、時に命に関係するものや、意識を喪失してしまう危険なものもあります。
普通の心電図でわかる場合もありますが、ホルター型心電図や負荷心電図でわかる場合もあります。
当院では専門的な診察が必要な場合は八王子医療センターや東海大八王子病院の不整脈専門医をご紹介いたします。